キャラクター

【原神】行秋(ユクアキ)の基本的な型やおすすめ武器・聖遺物

こんにちは、ぺこりです。

今回は、行秋(ユクアキ)の基本的な型(ビルド)やおすすめ武器・聖遺物などをまとめましたので、ご紹介したいと思います。

行秋の武器や聖遺物、ステータスはどれを選択した方が良いのか迷っている方は参考にして頂ければ幸いです。

行秋(ユクアキ)の基本情報

ステータス

  • 元素:水元素
  • 武器:片手剣
  • 基礎HP:10,222
  • 基礎攻撃力:201
  • 基礎防御力:758
  • 固有ステータス:攻撃力 24%

各ステータスのランキングはこちら!

強化素材

天賦

通常攻撃、重撃、落下攻撃

行秋-通常攻撃

通常攻撃・古華剣法 の効果を確認する

通常攻撃
剣による最大5段の連続攻撃を行う。

重撃
一定のスタミナを消費し、前方に斬撃を2回放つ。

落下攻撃
空中から落下し地面に衝撃を与える。経路上の敵を攻撃し、落下時に範囲ダメージを与える。

特記すべき点は無し。

元素スキル

古華剣・画雨籠山 の効果を確認する

2段連続の攻撃を仕掛け、前方の敵に水元素ダメージを与え、出場している自身のキャラクターの周りに最大本数の「雨すだれの剣」を生成する。
「雨すだれの剣」は以下の特性を持つ。
・キャラクターが攻撃を受ける時、「雨すだれの剣」が破壊される代わりに、キャラクターが受けるダメージを減少させる。
・キャラクターの中断耐性をアップする。
行秋の水元素ダメージアップの20%分は「雨すだれの剣」のダメージ軽減効果に転換される。

最大24%のダメージ軽減効果を得られる。
「雨すだれの剣」の初期最大数は3本。
発動した瞬間、キャラクターに湿潤状態を付与する。

コンパクトで高火力な反面、クールタイムが長いスキル。
また元素粒子生成量が非常に多い。

クールタイムが長いデメリットを打ち消すために祭礼の剣を持たせるのが一般的である。

軽減シールドや固有天賦でプチヒール効果があるため、火力面とサポート面を両立。

この火力面とサポート面を両立できる点が行秋が強いと言われる理由である。

シールド時間:15秒。
元素粒子の生成量:4〜5個。
クールタイム:21秒。

元素量:1U×2連撃
元素付着クールタイム:なし or 極端に短い(2発共付着可能)

元素爆発

古華剣・裁雨留虹 の効果を確認する。

虹剣勢を展開し、幻影の剣雨を使い、キャラクターに最大数の雨すだれの剣を付与する。

虹剣勢
・出場している自身のキャラクターの通常攻撃時に剣雨攻撃を発動し、水元素ダメージを与える。
・雨すだれの剣の数は終始最大数をキープする。

最大24%のダメージ軽減効果を得られる。
「雨すだれの剣」の初期最大数は3本。
発動した瞬間、キャラクターに湿潤状態を付与する。

行秋の主力攻撃。
通常攻撃に追撃が入る効果と元素スキルの剣が最大数生成され、効果時間中は破壊されなくなる。
こちらも元素スキルと同様に、この火力面とサポート面を両立できる点強い。

水元素は元素反応が優秀なものが多く恵まれているため、通常攻撃に元素を付与できるメインアタッカーキャラとの組合せることで強力なダメージを出すことができる。

元素爆発の各剣雨ダメージは、リアルタイムのステータスを参照する。

継続時間:15秒
クールタイム:20秒
必要元素エネルギー:80
元素量:1U

各キャラクター毎の必要元素エネルギーは下記にまとめています。

必要元素エネルギー一覧

  元素爆発に必要な元素エネルギー
40
   
60
   
 
70            
80
               
90 https://pecoriblog.com/wp-content/uploads/2021/09/IMG_0900.jpg              

固有天賦

①水生みの要訣

水生みの要訣 の効果を確認する

雨すだれの剣が破壊、または継続時間終了時に、キャラクターのHPを行秋のHP上限の6%分回復する。キャラ突破Lv.1で解放

地味ながら結構嬉しいプチヒール効果が付く。

鍾離シールドと組合せる場合や、ほぼ被弾しない上手い方の場合、ヒーラー抜きでこのヒール効果のみでいけるかも知れない。

また、ベネットではHP7割までしか回復できないので、7割以上の回復や胡桃のHP調整にも役立つ。

②虚実の筆

虚実の筆 の効果を確認する

行秋の水元素ダメージ+20%。キャラ突破Lv.4で解放

無条件で水元素ダメージ+20%は普通に強い。

③靈光突如

靈光突如 の効果を確認する

キャラクター天賦素材を合成する時、25%の確率で一部の材料が返還される。

とっても嬉しい効果。

個人的に行秋を持っていてよかったと思えるくらい重宝しています。

命の星座

凸のおすすめ度

凸数 凸のおすすめ度
1凸 低い
2凸 高い
3凸 高い
4凸 普通
5凸 普通
完凸 高い

①すだれの残香

すだれの残香 の効果を確認する。

雨すだれの剣の最大本数+1。

普通に嬉しい。

増えることで、ダメージ軽減回数と固有天賦の回復量がアップします。

凸の優先度は低めだと思います。

②青空の虹

青空の虹 の効果を確認する。

古華剣・裁雨留虹の継続時間+3秒。
その他、剣雨攻撃を受けた敵の水元素耐性-15%、継続時間4秒。

強すぎます。

水元素耐性は、剣雨攻撃スパンからして、ほぼ維持し続けられます。

2凸は是非取りたい。

③詩の錦

詩の錦 の効果を確認する。

古華剣・裁雨留虹のスキルLv.+3。
最大Lv.15まで。

元素爆発の天賦Lvアップ。

元素爆発は行秋の主力スキルなので重要です。

④孤舟斬蛟

孤舟斬蛟 の効果を確認する。

古華剣・裁雨留虹継続中、古華剣・画雨籠山の与えるダメージ+50%。

結構強い。

元素爆発が溜まっている時は、爆発→スキルの順に打つことを意識。

溜まっていない場合は、溜めることを優先してスキルから打ってしまって良いでしょう。

行秋の主力は元素爆発だと思うので、溜める優先でOK。

⑤雨深閉門

雨深閉門 の効果を確認する。

古華剣・画雨籠山のスキルLv.+3。
最大Lv.15まで。

元素スキルの天賦Lvアップ。

優先度は低めで良いでしょう。

⑥万文ここにあり

万文ここにあり の効果を確認する。

古華剣・裁雨留虹が剣雨攻撃を2回発動する度に、次の剣雨攻撃が大幅に強化され、敵に命中する時行秋の元素エネルギーを3回復する。

元素爆発の火力が大きく上がるので、是非獲得したい効果。

通常剣雨の本数が、2→3→2→3と繰り返すが、2→3→5→2→3→5を繰り返すようになる。

元素エネルギーを回復する効果もかなり嬉しい。

基本的な型のご紹介

サブアタッカー型

基本的な立ち回り

優秀な“元素スキル”と“元素爆発”でメインアタッカーの火力サポートをする型!

元素スキルでエネルギーを回収しつつ、元素爆発が溜まったらすぐに発動して、通常攻撃を主体とするメインアタッカーに切り替えて戦うのが基本スタンス。
(元素爆発が既に溜まっている場合は、爆発→スキルの順に打って退場する。)

サブアタッカーの役割の話になるが、基本的には通常攻撃は使用しなくて良い。

通常攻撃を主体とするメインアタッカーとして機能する、「雷電将軍」や「宵宮」、「胡桃」、など相性が良いキャラは多数。行秋の型はこれだけだと思われる。

聖遺物:メインステータスのおすすめ

時計:攻撃力 or 元素チャージ効率
冠: 会心率 or 会心ダメージ
杯: 水元素ダメージ

時計は、武器がチャージ効率の時は攻撃力%、武器が火力系の時は、元素チャージ効率をおすすめします。特に火力系の中でも、“会心系”を選択する場合は、攻撃力が低くなりがちなので、武器効果や聖遺物などで攻撃力をなるべく盛ることをおすすめします。

聖遺物:サブステータスの優先度

会心系 > 攻撃力% > 元素チャージ効率 > それ以外

会心率 と 会心ダメージは、理想的な配分である1:2をなるべくキープするように上げていくことをおすすめします。

武器のおすすめ

サブアタッカー型

祭礼の剣

祭礼の剣

Lv.90時のステータス
基礎攻撃力454, 元素チャージ効率 61.3%

効果を確認する

元素スキルが敵にダメージを与えた時、(40/50/60/70/80)%の確率で該当スキルのクールタイムをリセットする。(30/26/22/19/16)秒毎に1回のみ発動可能。

  • 確率で元素スキルのクールタイムをリセットできる。
  • サブステータスの元素チャージ効率が高い。

行秋と言えば”祭礼の剣”というくらい噛み合った効果を持ち多くの人に支持されている。
まずは、祭礼の剣を持つことで考えた方が良い。
行秋の元素スキルは、強力な効果を持つ一方、クールタイムが長いデメリットを持つが、クールタイムリセット効果でデメリットを大きく減らすことができる。

また、元素チャージ効率が上がる点が、必要元素エネルギーが80と多いため嬉しい。

西風剣

四風剣

Lv.90時のステータス
基礎攻撃力 454, 元素チャージ効率 61.3%

効果を確認する

会心攻撃をした時、(60/70/80/90/100)%の確率で少量の元素粒子を生成し、元素エネルギーを6回復する。(12/10.5/9/7.5/6)秒に1回のみ発動可能。

  • 会心発生時に元素エネルギーを回収できる。
  • サブステータスの元素チャージ効率が高い。

基本的には”祭礼の剣”を推奨します。
持っていない場合の選択肢になります。

天空の刃

天空の刃

Lv.90時のステータス
基礎攻撃力 608, 元素チャージ効率 55.1%

効果を確認する

会心率+(4/5/6/7/8)%;元素爆発を使用すると衝天の勢いを獲得する:移動速度+10%、攻撃速度+10%、通常攻撃と重撃が命中する際に、攻撃力の(20/25/30/35/40)%のダメージを与える、継続時間12秒。

  • 会心率アップの常時効果を持つ。
  • 元素爆発の発動で、移動速度を追撃効果を獲得。
  • サブステータスの元素チャージ効率が高い。

基本的には”祭礼の剣”を推奨します。
持っていない場合の選択肢になります。

腐植の剣

腐植の剣

Lv.90時のステータス
基礎攻撃力 510, 元素チャージ効率 45.9%

効果を確認する

元素スキルのダメージ+(16/20/24/28/32)%、元素スキルの会心率+(6/7.5/9/10.5/12)%

  • 元素スキルのダメージと会心率アップの常時効果を持つ。
  • 旧イベント「白亜と黒龍」で手に入った武器。
  • 元素スキルのダメージと会心率アップの常時効果を持つ。
  • 旧イベント「白亜と黒龍」で手に入った武器。

基本的には”祭礼の剣”を推奨します。
持っていない場合の選択肢になります。

磐岩結緑

磐岩結緑

Lv.90時のステータス
基礎攻撃力 542, 会心率 44.1%

効果を確認する

HP上限+(20/25/30/35/40)%。また、キャラクターのHP上限の(1.2/1.5/1.8/2.1/2.4)%分、攻撃力がアップする。

  • サブステータスの会心率が高い。
  • 自身のHPに応じて攻撃力を強化できる汎用性が高い効果。

火力面に特化するのであれば、会心系の武器が選択肢になります。
行秋に火力系の武器を持たせるのは恐らく少数派ですが、良いダメージが期待できます。

霧切の廻光

霧切の廻光

Lv.90時のステータス
基礎攻撃力 674, 会心ダメージ 44.1%

効果を確認する

全元素ダメージ+(12/15/18/21/24)%、「霧切の巴紋」の効果を獲得できる。霧切の巴紋を1/2/3層有する時、自身元素タイプの元素ダメージ+(8/16/28,10/20/35,12/24/42,14/28/49,16/32/56)%。霧切の巴紋は次の各状況において獲得できる。通常攻撃で元素ダメージを与えた時、継続時間5秒の霧切の巴紋を1層獲得する。元素爆発を発動した時、継続時間10秒の霧切の巴紋を1層獲得する。また、キャラクターの元素エネルギーが100%未満の場合、霧切の巴紋を1層獲得する、この霧切の巴紋は元素エネルギーが満タンになると消失する。霧切の巴紋の継続時間は層ごとに独立している。

  • サブステータス会心系で優秀。
  • 全元素ダメージアップの常時効果を持つ。
  • 特に元素爆発ダメージが強化を得やすい。

会心系が上がる武器その2。
元素爆発のダメージを中心としたダメージバフを補うことができる。

その他、火力系武器の候補は多数あり。

聖遺物セットのおすすめ

サブアタッカー型

絶縁4セット

絶縁の旗印
絶縁の旗印

絶縁2セット効果を確認する。

元素チャージ効率+20%。

絶縁4セット効果を確認する。

元素チャージ効率の25%を基準に、元素爆発のダメージがアップする。この方式でアップできるダメージは最大75%まで。

元素爆発を主力とする行秋の場合、最有力候補になる。
祭礼の剣と組合せる場合は、元素チャージ効率が高くなるため、元素爆発ダメージバフ量が大幅に強化強化できる。

旧貴族4セット

旧貴族のしつけ
旧貴族のしつけ

旧貴族2セット効果を確認する。

元素爆発のダメージ+20%。

旧貴族4セット効果を確認する。

元素爆発を発動すると、チーム全員の攻撃力+20%、継続時間12秒、重ねがけ不可。

元素爆発の強化とサポート効果を得られる。
元素爆発後は、メインアタッカーキャラに切り替えて戦うことが多いため、恩恵が得やすい。

剣闘士(しめ縄)2セット、沈淪2セット

剣闘士のフィナーレ
沈淪の心

剣闘士(しめ縄)2セット効果を確認する。

攻撃力+18%。

沈淪2セット効果を確認する。

水元素ダメージ+15%。

攻撃手段を問わずに攻撃力%と水元素ダメージをバランス良く上げられる。
4セットに比べて厳選難易度が低いのがメリット。

剣闘士2セット、しめ縄2セット

剣闘士のフィナーレ
追憶のしめ縄

剣闘士2セット効果を確認する。

攻撃力+18%。

しめ縄2セット効果を確認する。

攻撃力+18%。

攻撃力%の組合せ。
攻撃力不足を感じる場合の選択肢の一つ。
4セットに比べて厳選難易度が低いのがメリット。

行秋と相性が良いキャラクター

雷電将軍

行秋の元素爆発後、雷電将軍の元素爆発で戦っていく。
感電反応を狙いつつ、雷電将軍の元素爆発で元素エネルギーを回復できる。
雷電ナショナルパーティにも組み込まれている強力なコンビ。

宵宮

蒸発を狙ったコンビ。
どちらの攻撃も敵1体にしかヒットしないため、タイマンでは高火力を発揮するものの複数戦には不向き。

神里綾華

神里綾華のダッシュによる氷元素付与を活かして、凍結を狙ったコンビ。
特にタイマン戦では一方的に攻撃できる。
氷風4セット効果で会心率を大幅強化して戦うのも良いだろう。

重雲

重雲の元素スキルで氷元素付与状態にして、氷砕きを連発するコンビ。
氷砕きは、凍結状態が解除される代わりにダメージが2倍になる効果です。
解除されたとしても敵の動きが鈍く分、蒸発や溶解よりも優秀という見方もできます。

重雲の元素スキル発動後、両手剣以外のキャラクターで切り替えれば、神里綾華と同じようにエンドレス凍結を狙うことができます。

胡桃

蒸発を狙ったコンビ。
重撃には追撃しないので重撃は、たまに挟むくらいが良いと思います。
また、胡桃のHP調節の観点でプチヒール効果がかなる嬉しい。

その他

祭礼の剣と相性が良いと言う話

元素エネルギーをたくさん回収できる。

行秋の元素爆発は、必要エネルギーが80と重いので、元素エネルギーの回収する手段が必要な点で、①②の2つのメリットがある。

  1. 元素チャージ効率がたくさん上がる。
    現在実装されている片手剣の中で、一番元素チャージ効率が上がる武器は、★5武器も含めても“祭礼の剣”と“西風剣”だけ!
  2. 元素スキルを2回発動できるチャンスがある。
    行秋の元素スキルは、クールタイムが長い分、元素粒子の生成量が多い。(4〜5個)
    2回発動できれば、単純に2倍を供給可能なことになる。
    実際の効果的には“確率でクールタイムをリセットされる”ことで2回発動できるのだが、2連撃と言う点で、リセットの抽選が2回あるので、リセット確率は実際より高くなる。

高火力のスキルを2回打つチャンス!

行秋のスキルは、クールタイムが長いためか天賦倍率が高く設定されている。

祭礼の剣は、火力向きの武器ではないが、2回発動できることから、総ダメージ的にみると、火力武器に勝るのではなかろうか。